子宮筋腫をするなら|生活改善で進行を遅らせることができる

妊婦

産院のサービス

医者

最近の大阪の産婦人科では、フルコースの食事やエステなど産後で疲れた体を贅沢に癒してもらえるサービスが人気を集めています。また託児サービスなども人気です。最近の産婦人科の特徴として、出産前だけでなく産後にも産院へ足を運べるさまざまな教室が開講されており、共通の悩みを相談できる場となっています。

詳しくはこちら

最近の避妊薬

妊婦

広く用いられている低用量ピルは排卵をストップさせることで、避妊を可能にする薬です。この薬は、婦人科などで処方を受けることが出来ます。大阪の婦人科クリニックにはピルの専門外来があり、避妊についての相談が可能です。

詳しくはこちら

妊娠中に不足しがちな栄養

医者

妊娠中の女性がカルシウム不足になった場合、胎児に必要量を与えるため自らの骨などを溶かして不足分を補おうとすることがあります。そのため妊婦はカルシウム欠乏症になりがちです。これを防ぐには食生活の工夫やサプリメントの活用などが必要となります。

詳しくはこちら

Associated Link

  • 原因から対策まで子宮筋腫まるわかりサイト

    様々な女性が悩みとして抱えている子宮筋腫を理解したいと思っているなら、こちらをチェック。この症状が発症する理由が分かりますよ。

子宮系の病気と症状

子宮系の病気と留意点

赤ちゃん

女性特有の病気の1つが子宮系の病気です。子宮体がんや子宮内膜症など、様々な病気がありますが、ライフスタイルの変化により、近年増加してきているといわれているのが、子宮筋腫です。子宮筋腫は、4人に1人の女性にはあると言われています。良性の腫瘍であり、無症状の場合は経過観察で問題をありませんが、月経困難症を引き起こす場合や、それに伴う貧血などを起こす場合は、積極的な治療を行う必要があります。また、筋腫が大きくなると、周りの臓器を圧迫することもあるため、摘出手術なども含めた検討が必要になってきます。子宮筋腫は、明確な自覚症状がない場合も多く、放っておいても問題ないと思われている人もいますが、進行すると月経時のつらい症状や不妊につながるため、子宮体がんや乳がんの検査などに加えて、定期的に検査をすることが大切です。

子宮系の病気と対策

子宮系の病気については、はっきりと原因が分かっていないことも多くあります。子宮筋腫についても、卵巣から分泌される女性ホルモンの影響ということは分かっていますが、根本的な原因はつきとめられていません。しかしながら、初経年齢の低下や出産回数の減少、食習慣やストレスなどの生活因子などが原因ではないかと想定されており、子宮筋腫を発症する女性はこれからも増えていくといわれています。最近では治療方法も発達してきており、手術についても、身体への負担が軽い腹腔鏡手術が一般的になってきています。しかし、適度な運動や規則正しい生活、食生活の見直しなどでも、予防をしたり、進行を防いだりすることが可能と言われており、治療に頼りきりになるのではなく、まずは自分自身の生活スタイルを見直すことが大切です。また、生活の改善が難しい場合は婦人科で診療を受けてみるのもいいでしょう。婦人科では検査を行って子宮筋腫と診断された場合は、いくつかの治療法を医師が提案してくれます。ホルモン治療や外科治療が代表的な方法だと言われていますが、症状の進行によっても最適な治療法は変化するので、医師と相談しながら決めることが大切です。

Copyright © 2015 子宮筋腫をするなら|生活改善で進行を遅らせることができる All Rights Reserved.